記事一覧

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます、tone work'sディレクターの白矢たつきです。

皆さまは年末年始をいかがお過ごしでしょうか。
今年はコロナ禍で、家で過ごされている方も多いかもしれませんね。
かくいう私も、家で映画鑑賞したり、愛犬と戯れたりして、楽しんでいます。
そういえば去年の今頃も、映画鑑賞して、愛犬と戯れていた記憶…
普段から出不精なので、あまり変わっていませんね(笑)

さて昨年は、『月の彼方で逢いましょう SweetSummerRainbow』や『月の彼方で逢いましょう & SweetSummerRainbow ビジュアルファンブック(こちらは1/11まで公式通販サイト『VA購買部+』で販売中です)』の発売など、tone work'sにとって、つきかな尽くしの1年でした。
一昨年もつきかな尽くしの1年でしたので、まさに丸2年、つきかなと歩んできたことを思うと、なんだか感慨深いですね。
所々で書かせていただいておりますが、つきかなシリーズとしての開発は、ビジュアルファンブックの発売を持ちまして一区切りとなります。

では、次に何をするのかといいますと…
今年は『温故知新』を抱負に『新たな飛躍と展開へのステップアップの1年』と位置づけました。
tone work'sのデビュー作『初恋1/1』がリリースされたのが2012年ですので、9年前になります。
当時の私は、シナリオアシスタントとして参加し、ユーザーの皆さまをはじめ、多くの方の叱咤激励をいただき、シナリオライター、ディレクターへと成長することができました。
その間、美少女ゲーム業界も大きな転換点を迎え、多くのブランドさまが様々な可能性を試みるようにもなりました。
デビュー作から『等身大の恋愛』をコンセプトに、ある意味で美少女ゲームの古き良き王道を描いてきたtone work'sも、その良さは大切にしつつ、新しいステップへ踏み出す時期ではないかと考えております。

まず、今年の夏頃に、再び『星に願いを。』込めたタイトルのリリースを予定しております。
フルHD化、最新のWindowsに対応、コンシューマ版の内容を移植した、完全版となります。
正式発表はもう少しあとになりますが、未プレイの方も、プレイ済みの方も、tone work'sらしさの詰まったタイトルをお楽しみください。

そして、まだ発表はできませんが、今年中にもう1つリリースを予定しております。
こちらも、発表を楽しみにお待ちいただけると幸いです。

さらに来年は、tone work's10周年の節目の年になります。
現在、プロデューサーの丘野さんと企画等を模索している段階ですが、皆さまに新しいtone work'sをお届けできればと考えております。
tone work'sらしい恋愛と新しい感動にご期待ください。

また、tone work'sを刷新するにあたり、サイト開設時から続けてきた本ブログですが、時代の流れとともに一定の役目を果たしましたため、今後は定期更新から『不定期更新』へと切り替えさせていただくこととなりました。
これからはより身近に皆さまへと情報発信を行い、コミュニケーションがとれる新たなSNSツールを採用できればと検討しております。

寡作なブランドではございますが、ここまで続けてこられたのも、ひとえにtone work's作品を愛してくださる皆さまの支えがあったからこそです。
9年目、10周年と、皆さまとともに飛躍していければこれ以上に幸せなことはございません。
本年も、そしてこれからも、tone work'sを何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年1月1日
tone work'sディレクター 白矢たつき

ファイル 542-1.jpg

恋泉天音先生に、真里花ちゃん&美砂先輩のイラストを描き下ろしていただきました!
皆さま、良いお正月をお過ごしください!

  • 2021年01月01日(金)12時12分
  • この記事のURL

メリークリスマス!

ディレクター丘野塔也です!
12月25日、メリークリスマスな開発室からこんばんは!
ただいまビジュアルアーツ冬フェスで『月の彼方で逢いましょう』VFB好評販売中です!
大ボリュームに加えてCD2枚もついてます!

ファイル 541-1.jpg


例年この時期は大掃除をしているのですが、今年はコロナの影響もあり、ちょろっと掃除してあとは忘年会のたぐいもなく三々五々解散……という流れで、なんとなく年の瀬感がないですね(笑

一年を振り返ってみますと、21年は『つきかなSSR』が発売されまして、年末のビジュアルアーツ冬フェスのグッズで『つきかな』シリーズも販売されまして、おかげさまで息の長いシリーズになりました。ここまで来ると後はマルチプラットフォーム化しかないかな……などと考えております。

これはビジュアルファンブックのインタビューでもすこし語ったのですが、わたし個人としましては母体であるビジュアルアーツびプロデューサー職として動くことが多くなりまして、この一年間はなかなかゲーム開発の現場に出ることが少なくなってしまいました。

それはすこし寂しいのですが、しかしtone work'sでは『つきかなSSR』で初ディレクターを担当した白矢たつきくんが結果を出してくれたこともあり、現場を任せられる若いスタッフが育ってくれたというのは幸せなことかなと思っています。

そんなわけで、これからは全体統括としてtone work'sを見守りつつ、今後も新しいコンテンツを提供していきたいと思っています。(といいつつ、書きたいものがあったら手を動かすかもしれませんが……)

1月1日のブログは白矢くんが担当するので、バトンを受け継ぎたいと思います!

それでは皆さまメリークリスマス♪&よいお年を!

  • 2020年12月25日(金)20時31分
  • この記事のURL

12月後半戦

こんにちは、スクリプトの木本です。

もう師走です。

そのせいなのかどうなのか、やることテンコ盛りでバタバタし通しです。
こんなところでPCトラブルとか目もあてられませんね
既にHDDの未接続とかネットワークの不安定なんかを抱えてはいますが、どうかこれ以上は…

ファイル 540-1.png
そらちゃん!思わず手袋を買ってあげたくなるようなそらちゃんを描きました。
これはきっと「クリスマスプレゼント選びで悩まなくていい… 手袋… テキトーな手袋でいい…」
(脳内再生余裕)
というメッセージですね! 多分!!

---★★---

『ビジュアルアーツ冬フェス2020 in エアコミケ2』
開催期間:12月20日~22日
https://fes2020.product.co.jp/

開催まであとわずかです。
tone work'sグッズもありますので是非是非チェックを!!

---★★---
ではでは

  • 2020年12月18日(金)18時00分
  • この記事のURL

少しでも笑顔を!!

こんにちは、CG担当の那由多です。 

もう12月もあとすこしなんですね!!
例年ですとコミケ関連の入稿も終わり、少しのんびりと過ごしている時期なのですが・・・
今年はそうもいかず、なかなか思いどうりにはいかない状況ではありますが、
来年に向けて少しでも希望を持てるように、気を引き締めていきましょう!!

コミケの開催が中止とはなりましたが、
今年は『ビジュアルアーツ冬フェス2020 in エアコミケ2』を開催いたします。
皆さんに楽しんでいただけるように、
tone work's からもたくさんの新規描き下ろしグッズをご用意しておりますので、
是非チェックをお願い致します!!

VA冬フェスのサイトはこちらから
https://fes2020.product.co.jp/

そしてさらに!!今年もやります!!
毎年恒例となりました、ビジュアルアーツ年末特番 

馬場社長+どんまる 愛を語る総チェック生放送2020
『ビジュアルアーツ冬フェス開催!?豪華プレゼントもあるよ!!』

商品の詳細や購入方法など一足早く確認できます。
更に多数のゲストの方も出演予定ですので、
こちらも併せてチェックをお願い致します!!

2020/12/12(土) 18:00開始 詳細はこちらから
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv329326524

今年はコロナ禍ということもあり、何かとネガティブな感情を抱いて
しまっている事も多いかと思います。
ですが、ビジュアルアーツ冬フェス2020で
少しでもまた、笑顔が戻りますように・・・

ファイル 539-1.jpg

  • 2020年12月11日(金)18時07分
  • この記事のURL

『月の彼方で逢いましょう & SweetSummerRainbow ビジュアルファンブック』発売します!

皆さまこんにちは。
シナリオの白矢たつきです。

今年も残り1ヶ月となり、例年であればビジュアルアーツもコミケでドタバタの時期ですが、残念ながら中止。
その代わり、今年は『ビジュアルアーツ冬フェス2020 in エアコミケ2』を開催することとなりました!

もちろん、tone work'sも参加します!

▼VA冬フェスのサイトはこちら
https://fes2020.product.co.jp/


ファイル 538-1.jpg

販売アイテムは、先月から公式Twitterで告知していた、
『月の彼方で逢いましょう & SweetSummerRainbow ビジュアルファンブック』です!
『月の彼方で逢いましょう』と、スピンオフ作品『月の彼方で逢いましょう SweetSummerRainbow』の全てを凝縮したといっていい、フルカラーで大ボリュームの1冊。
誌面の、各シーンをヒロインが振り返るひと言心情コメントや、本編の裏側や語られることのなかった設定を書いたコラムは、私を含む原作ライターが執筆・監修しており、従来のファンブックよりも、さらに世界観を突き詰めたものになっています。
さらに、主要開発陣による超ロングインタビューも掲載。私はこちらにも参加しています。
見応え、読み応えたっぷりの内容となっています!

さらに、これで終わりじゃありません。
なんと、CDが2枚同梱されています!

ファイル 538-2.jpg

まずはボイスドラマCD『Moon Fragments』。
カバーイラストのシチュエーションをボイスドラマ化した、メインヒロイン3人の仲睦まじいひとときを描いた『夏の海で逢いましょう』に加え、昨年開催の『FULL MOON PARTY』パンフレットに掲載された、新谷灯華アフターのボイスドラマ化、昨年冬コミのグッズ冊子に掲載された日紫喜うぐいす視点の、あの名シーンのボイスドラマ化など、70分オーバーの充実した内容です。

ファイル 538-3.jpg

そしてアレンジボーカルCD『Sparkling tone』。
つきかなサウンドディレクターどんまる監修のもと、著名な作家さまに編曲を依頼して実現した、究極のシティポップアレンジです。
つきかなの舞台である、藤沢、湘南、江ノ島エリアの雰囲気を存分に詰め込んだアレンジになっていますよ!
『月の鐘』『With Tomorrow』『Nostalgic Treasure』『Sign』『僕たちの詩』と、つきかなの名曲たちが、新たな彩りで甦ります。
私も聴きましたが、本当にゲームに実装してしまいたくなるほど、軽快で素晴らしいアレンジばかりです。
ヘビロテ必至!

ファイル 538-4.jpg

さらにさらに、カバーイラストの他、『倉橋聖衣良』と『岬栞菜』の描き下ろしイラストも掲載されています!
こちらの描き下ろしは、タペストリーも同時発売されます。
ビジュアルファンブックとタペストリー3本がセットになった豪華版を購入されると、単品で買うよりちょっぴりお得になってますよ。

『ビジュアルアーツ冬フェス2020』は、2020年12月20日(日)から開催です!
(※現在のところ、ビジュアルファンブックの一般販売は予定しておりませんので、買い逃しにはご注意ください)

本年も残りわずかということで。
昨年の『月の彼方で逢いましょう』、今年の『月の彼方で逢いましょう SweetSummerRainbow』とビジュアルファンブックの発売で、つきかなシリーズとしては一段落となります。
今年も、つきかなとtone work'sを愛してくださり、ありがとうございました!
2021年も新たな装いで駆け抜けていきたいと思いますので、来年もtone work'sをよろしくお願いいたします!

少し早いですが、
皆さま、よいお年を!

  • 2020年12月04日(金)17時41分
  • この記事のURL

ページ移動