記事一覧

ぴこぴこ

こんにちは、スクリプトの木本です。

「銀色、遥か」の開発、着々と粛々と進んでいます。
初恋1/1・星織ユメミライに続いて、今作も作中でスマホが大活躍です!
写真撮影をしたり、女の子達とメッセージのやり取りをしたり…。
 
機能的には星織と大して変わらないよねー と鼻歌交じりで改修を始めたら、
参照するデータベースの大きさが3~4倍に膨れていました。
しょうがないですよねー… 中学編・学園編・アフターとゲーム期間が増えてるんですもん。
丸一日かけてカレンダーのデータを構築しましたよ。
 
さぁ、次はLIMEトーク部の改修だぁ…
(過去の自分が組んだ厄介なソースで瞳を濁らせつつ)
 
ファイル 316-1.png
銀遥キャラ初描きは椛ちゃんを選びました。
きっとね、両サイドの髪の毛がぴこぴこしますよ。ぴこぴこ。

  • 2016年03月11日(金)18時00分
  • この記事のURL

糖分補給

こんにちは、CG担当の那由多です。

3月に突入してすっかり春モードな感じですね。
上着を着ていると汗ばむこともしばしば。

一方、tone work's開発室も『銀色、遥か』モードです。
発売に向けて、CG作業の毎日です。

作業の合間に欠かせないのが、甘いもの。
「3時のおやつ」という習慣がありますが、
一日の生活の中で疲労を感じ始める午後3時ごろに甘いものが欲しくなるというのは自然の欲求なんだそうです。
疲れた時は脳を休ませるためにも、できるだけ摂るようにして効率の良い作業を心がけたいです。

もちろん摂りすぎには注意ですが、こんな義妹が造ってくれるお菓子ならいくらでも食べたいです!!

ファイル 315-1.jpg

お菓子に限らず食べ物をCGで表現するのは結構大変な事なので、
ユーザーの皆さんは本編プレイ中に出てくるようなことがあれば、ぜひ注目して下さい。
グラフィッカーの頑張りが垣間みえるはずです!!

  • 2016年03月04日(金)18時09分
  • この記事のURL

作詞がはじまるよ

皆様、どうもお久し振りです。
シナリオ担当にっし~です。

今回のブログ、約1年半振りです。
正確には2014年7月16日以来の担当ですよ。


『銀色、遥か』の開発も着々と進んでおります。
担当の椛ルートをモリモリ書いているわけですが、キャラクターのことは追々他の場所で語っていくとしまして。
今回は、先日も発表になりました、歌曲に関するお話を少々。

tone work'sの方針として、担当ライターがキャラクターのイメージソングとエンディングの方向性案を出しております。
作詞も担当ライターの作業に含まれますので、歌曲が仕上がった時点で作詞作業の開始です。

ファイル 314-1.jpg

こちら、僕の作詞における重要アイテムたちです。

まずは一日中曲を聞き込んで、メロディが身体に染み込むまでひたすら聞きます。
睡眠時間も曲を流しながら寝ます(これが意外と重要)。

翌日、ワードをはめ込むためのタイムライン入りテキストを作ります。

 01:45~
 ○○○○○○ ○○○○
 
 ○○○ ○○○

こんな感じです。
一曲およそ4~5分なので、けっこうな数の○が並びます。

ここにネタ帳として用意したファイルとにらめっこしながら、ワードをはめます。
メロディとワードがバチッとはまった部分を固定して、周辺を補完。
雰囲気を崩さない、前後にも繋がるフレーズに仕上げます。

音源を部分的に何度も何度も繰り返し聞いて、ブツブツ歌詞を呟きながらあーでもないこーでもない。
完全に挙動不審者です。
開発室のみなさん、作詞中の僕は決して見てはいけません。

全ての歌詞を埋めて完成したら、ひとまず一日放置。
翌日、もう一度全体の流れをチェックして、微調整して提出。
丘野さん・どんまるさん・竹下さんの三重チェックを受け、再度修正。
OKをもらえばようやく完成となるわけです。

あくまで僕のスタイルですので、他のライターさんはそれぞれ独自の方法で作業されてると思います。
今回はどんな神曲が生まれるのか、乞うご期待でございます!

  • 2016年02月26日(金)18時19分
  • この記事のURL

試み

こんにちは、CG担当の古池屋です。

コンシューマ版「星織ユメミライ」のグラフィック周りの作業が大体終わって、CG担当スタッフは
概ね「銀色、遥か」の方に専念しています。
てなわけで、登場キャラクターの一人「蒼井 雛多」さん。

ファイル 313-1.jpg

公式サイトのキャラ紹介を見て分かる通り、彼女の話には“動物”が出てきます。
この動物ってヤツはグラフィッカーにとっては中々に厄介でして、
彼らの毛並みの手強さといったらもう、ね。
もっとこう、表面がツルツルした両生類的なのが出てくる話なら・・・
そんなヒロイン、どうっスか。

  • 2016年02月19日(金)13時59分
  • この記事のURL

銀はるのプロット=ラノベ

みなさまこんにちは、シナリオの白矢たつきです。

昨年末の『銀色、遥か』や、先日の『星織ユメミライ』のコンシューマ化発表など、
去年から水面下で動いていた情報が、ようやく解禁になりました。

これで、いつでもどこでも、
タイトル、ヒロイン、声優さんのお名前を連呼し放題です!(笑)

『銀色、遥か』情報公開後、私の初ブログということで、
今日は通称、『銀はる』のシナリオに関する制作の小ネタをお話したいと思います。

ファイル 312-1.jpg

私が担当している、如月瑞羽ルートの最終稿プロットです!
その枚数、59ページ!
およそ、ラノベ1冊分の容量があります。
(全ヒロインでラノベ5冊分!)
tone work'sでは、ライター同士で集まって、プロット会議をするのですが、
あまりにも量が多すぎて、毎回とても大変でした。
会議で出た意見を元に、プロットに調整を加えていき、
第2稿上がりました~→またラノベ1冊分読み直しか…と(笑)
そうして、ラノベを何十冊分読んだかわからない時間に比例して、
プロットの内容も洗練されていき、
これを元にストーリーの内容を膨らませて、シナリオを書いていきます。

当然プロット段階でラノベ1冊分ありますので、
シナリオ化すると、その何倍にも増えるわけです。

『銀はる』の物語は、全編を通してイチャラブな雰囲気はそのままに、
ちょっぴりビターなテイスト(※鬱展開ではありません)も取り入れつつ、
よりヒロインと恋愛している――このシナリオ量は、主人公とヒロインの人生を描くために、
必要な長さだったんだと感じていただける内容になっていますので、
ぜひご期待ください。

詳細な内容は、ニコ生などでこれから公開していきますので、お楽しみに!

  • 2016年02月12日(金)18時25分
  • この記事のURL