記事一覧

名もなき詩

どうもこんにちわ。
シナリオ担当にっし~です。

第一次台本大戦が終戦を迎えました。
どうにか生き伸びております。
まだまだやらねばならない事は山積みなのでね。

この忙しい最中、先週末に実家に帰って地元の祭りに参加してきました。

ファイル 147-1.jpg

今回はお祝いセレモニーがあるから帰って来いとのお達しを受けまして。
集合は朝7時ですよ、朝7時。
式典開始は10時なのに。

ちなみに4月には春祭りの本番が控えております。
帰阪の際、笑顔で「今年は帰ってこいよ」と送り出されました。
去年はスケジュールの都合で帰れなかったので、今年はどうにかやり繰りしておかないと。
あれ、収録スケジュール…あれ、あれ…?


さて、現在の僕は作詞作業にかかりっきりです。
どんまるPに〆切を確認して「余裕ッス!d(`・ω・´)」とか言ってた過去の自分を辱めてやりたい。
や、間に合わせますよ?

産みの苦しみは当然ありますが、作詞作業って大好きなんですよ。

およそ5分の長さの中に、言葉を選んで世界を詰め込む。
曲に見合った言い回しを考え、パズルのように嵌め込んでいく。
完成した詞を通して歌ってみると「名曲生まれたー!」ってなるんですよね。
自分の子はカワイイものです。

しかし、タイトルをつけるのが非常に苦手でして…。
これまで数多くの作詞を経験してきましたが、タイトル決めだけはいつも納期ギリギリです。
おまけに「ダサい」「これはない」「正気か?」などとなじられる始末。
コピーライターの才能ってどうやって磨けばいいんですかね…。

  • 2014年03月28日(金)19時59分
  • この記事のURL