記事一覧

Hearing the gentle sound of the falling rain.

ファイル 518-1.jpg

こんにちは。tone work'sでは背景をメインでやっているやーまです。
大阪も梅雨入りをしまして、すっかり雨の日が多くなりました。
雨の降る日は外に出るのが大変しんどかったり、湿度が高くてだるーん…となったりしますが、
個人的に雨のサウンドはドキドキしたり落ち着いたりするので、結構好きだったりもします。
世界には川一本で物語のある曲を作る作曲家もいますが、
雨もまたドラマティックな展開をするもので、時には恵みとなり癒やしとなり、また怪物ともなり、
これだけでもう物語のある一曲が作れそう。

tone work'sのtoneは、ロゴの感じからしてスクリーントーンなのかなとは思うのですが、
トーンには音という意味もあります……というか音楽人は基本そっちの意味でしか使わないのですが、
不思議と音に関係するキャラが多くいるのもこのブランドの特徴です。
特にシナリオの白矢君は音に特別な思い入れでもあるのか、
妙にこだわったチョイスやギミックを施していることが多く、過去作でもキャラが際立って印象的でした。
一度本人にも、そこんとこの詳細は聞いてみたいものですが。
そんなわけで、雨音と奏汰と家族の物語「つきかなSSR」は好評発売中なのです!


今回はあったかもしれない場面をイラストにしてみました。
キーボードを両手でバンバンと叩いても、この父親なら怒らなそうです。
「つきかなSSR」も、もちろん他のtone work's作品も、
長く心に残る作品になっていてくれたら、開発スタッフとしても大変嬉しく思います。

  • 2020年06月19日(金)14時05分
  • この記事のURL